男子必見!女の子を落とすメールテクニック~その2~

前回記事「男子必見!女の子を落とすメールテクニック~その1~」に引き続き、出会い系やSNSで知り合った女の子を落とすメールテクニックをご紹介します。

女の子を落とすメールテクニック
①返事はなるだけ早くする
②メールは連投しない
③嬉しい事を伝える
④直メやLINE交換を依頼する
⑤直ぐに会おうとしない

 

①返事はなるべく早くする


相手から返事が有ったとしたら、返信に時間を掛けてはいけません。

仲良くなってからは大丈夫でしょうが、最初の内は出来るだけ早い時間で返信しましょう。

さっきも言いましたが、女性には沢山のメールが届いていますので、相手が自分の方を向いている内に攻めるのが基本です。

②メールは連投しない


早く仲良くなりたい気持ちは解りますが、メールを連投するのは良くありません。メールは野球のキャッチボールと同じで、相手から投げて貰わないと返せないのです。

返事が来ない内からまた投げると、ウザイと思われたりせっかちな人と思われたりします。間違った内容を訂正する場合等は別ですが、連投はしないように心掛けましょう。

また、内容を間違えたり誤字や脱字をすること自体がいけない事ですので注意しましょう。

③嬉しい事を伝える


自分が嬉しいと思った事は素直に伝えるのが良いです。

例えば「返事を頂いて嬉しい」とか「こうしてお話しできて嬉しい」等のように感謝の気持ちを伝えるのです。

相手は人間ですから「嬉しい」と言って貰って悪い気はしませんし、感謝されると相手も嬉しくなるはずです。

また、テクニックですから実際に嬉しいと思わなくても「嬉しい」とか「ありがとう」という言葉は使った方が良いです。

④直メやLINE交換を依頼する


出会い系サイトではメールする度にポイントが無くなって行きます。

これは、女性側も知っている訳ですから、会う気が有って相手の事を考える事が出来る人なら、直メやLINEの交換に応じてくれるはずです。

それなのに応じてくれないのは、会う気が無いのかポイントゲッターの可能性が高いです。ですから、自分で決めたメール本数に達したら直メやLINE交換を依頼しましょう。

メールし出してから直ぐではさすがに嫌がられるので、ある程度はサイト内でやり取りしてからになりますが、自分で「何通メールしたら直メを依頼する」と決めておいて、その本数に達したらとにかく依頼するのです。

ここで大事なのは、断られたら例え気に入っていたとしてもスッパリと相手を切ってしまう事です。

ダラダラとサイト内でメールを繰り返していても会えませんので、そういう時は直ぐに別な相手を探す事です。

⑤直ぐに会おうとしない


いきなりファーストメールで「会いましょう」などと言うのは間違いです。まずは何通かやり取りして、自己紹介や好きな事などを伝えましょう。

ある程度相手の事が分かって、自分が決めていたメール本数に達したら、直メやLINE交換を依頼しそしてデートに誘うのです。

順番を踏まえて行かないと失敗します。もちろん、最初のデートでホテルに誘う事が出来なくても焦ってはいけません。
大人の対応を心掛けましょう。


以上の事を踏まえてメールしたとしても10人が10人とも成功する訳では有りません。セックス出来るのは10人の内で2~3人でしょう。

でも、それで良いのです・・・その内の1人とセフレになれればしめたものです。1人のセフレを確保しておいて、また次の相手を探せば良いのです。

上に紹介したメールテクニックを覚えていれば、それも可能だと思いますので頑張りましょう。